<< ごめん。 | main | 笑ってくれるだけで嬉しい >>

♯ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

♯ w-inds. Live Tour 2006 〜THANKS〜

1度書くタイミングを逃したらずるずると書かずに来ちゃっていましたが、
ようやくw-inds.コンの感想でも書きます。
1週間以上経っているので、ほんとに印象に残ってるところのみ。
そしてこれはあたし個人の意見です。
批判するようなところもありますが、怒る方は見ないでくださいね。
【w-inds. Live Tour 2006 〜THANKS〜】

【OP】
草木も枯れ果てたような滅亡した世界の映像。

【Back At One〜IT'S IN THE STARS〜Midnight Venus】
中央の3つの箱からそれぞれ登場したw-inds.
黒いマントみたいなの被ってたんだっけ?フード被ってて最初は顔を見えず。
それを途中でばっと取ります。3rdツアーでもあったよね、そういう場面。
序盤3曲は盛り上げ。
Midnight Venusは「All Around The World〜」のところは客席と一緒に。
英語がよくわからないですけど、そういうときはノリで乗り切ります(笑)

【映像】
世界が滅びる前、まだ草も木も生い茂り、鳥も飛んでいるような映像。

【TRIAL〜Balance〜風詩】
映像のイメージのもと、明るめ爽やか系の歌が続きます。
衣装は「TRIAL」風の白基調…だったかな?
「TRIAL」の両腕を顔の横でくっと曲げる振りが好きです(わかりづらい)
Balanceはまさにw-inds.!!って感じ。受け入れられやすいだろうなって思いました。
風詩はやっぱり良い曲。

【映像】
戦争とか、滅びる原因になる出来事の映像。

【Hush...!〜1or8〜Sup wassup!!】
その流れで今度はダークな雰囲気。
「Hush...!」も、黒のロングジャケットを最初に羽織ってました。
慶太さんのロングジャケット姿が似合うこと、似合うこと。
途中でそれを脱いでました。下が迷彩衣装とかだったかなー…。
今回のライブで好きな場面を1つ上げろって言われたら、あたしは迷うことなく「Hush...!」
これはすごくかっこよかった!
歌自体はどうしようもない二股男の歌なんですけど(苦笑)
慶太さんの少しお疲れ気味の声が、この歌ではすごく良い効果になってたし、
振り付けもね、かっこよかった。
「...Keep Hush,Hush...!Baby」のところで人差指を口元に持ってきて、
「秘密」な感じのポーズで静止するところとか、好きだなー。
「Sup wassup!!」は盛り上げ。めちゃくちゃになるほどテンション上げていきます。
途中でソロダンス。
龍ちゃんは前宙?アクロバティック。すごい綺麗だったー!
涼平さんはおなじみブレイキング。かっこいいんだけど、あいかわらずよく見えない!(笑)
慶太さんはガンガン腰振ってた。力強い男っぽさを感じました。
ダンスにもそれぞれの個性が出るって良いよね。
イス使って踊ってたのもこの辺かな?かっこよかったー。

【空から降りてきた白い星〜十六夜の月〜影法師〜四季】
バラード続き。
ここは泣かせにきてますよね。うん。
3rdアルバムの曲が今また聴けるのも嬉しかったし「十六夜の月」は大好きな曲だし。
嬉しい場面でした。
それでもなんと言っても「影法師」
くどいぐらい言ってますが、この日の慶太さんの声は完全では無くて、
あたしは失礼ながら、それまでは若干うだうだしながら聞いてたんですね。
それが大サビの涼平さんと龍ちゃんのコーラスをバックに、
フェイクを入れながら歌う慶太さんの歌声を聴いたとき、
嫌でも全神経がそちらに向くのを感じました。一瞬で引き付けられて、鳥肌が立つほど。
やっぱ慶太さんはすごいと思った。

【ブギウギ66〜キレイだ〜Long Road】
新曲ブギウギを初めて聞きました!
今までの曲でノリが一番近いのはスパラバ…?ダンスチューンって感じでした。
「Long Road」が好き過ぎてしょうがないので嬉しかったです。
振り付けがオリジナルとはちょっと違ってました。

【映像】
3人のシルエットで終わり。
全体としては、滅んでしまう星もみんなのことも、
「w-inds.が歌を歌い続ける限り、その力で守って行きたい」みたいなメッセージだったのかな。
他の会場では「滅亡まであと○○日」とか出たところもあるらしいですけど、
名古屋はメッセージ的な感じでした。会場によって違うみたいね。

Encore
【Special Thanx!〜SUPER LOVER〜蝉時雨】
グッズのタンクやTシャツにジーパン姿。龍ちゃんだけがタンクだったかな…?
「Special ThanX!」のサビの英語部分は客席と一緒に。
「SUPER LOVER」はレゲエバージョン。振り付けも変わってたよ。ムキムキな感じ(意味不/笑)
「蝉時雨」を聞くと、最後だなって感じですね。
これが本編のラストでも良かったかな。


【MC編】

慶太さんと涼平さんはハケてて、龍ちゃんだけが一人残ってMCをしてるとき。
いきなり言葉を噛む龍ちゃん。
「俺テンパってる」と言いながら、手のひらをがくがく震わせる龍ちゃん。
慶太さん・涼平さんと交代すると、2人も真似してがくがく。
可愛い可愛い(笑)

龍「みんなが盛り上がると俺らも盛り上がるしね!」
慶「僕はそう思いませんけどね」
客「えぇー!?」
慶「だって僕らがみんなを盛り上げていかなくちゃいけないじゃないですか!」
納得。
てっきり、また恒例のブラック慶太が出たのかと思いました(笑)

龍・慶が話しているところに涼平さん登場。
龍「うちの信頼できるリーダーが出てきました」
涼「信頼だけがとりえです」
そんなことないですよ(笑)

龍「例えばね、ここにデスノートがあったとしよう。
  『w-inds.がライヴをやって………死ぬ』死んじゃ駄目じゃん・・・!」
死なないでください(爆)
龍「書くと願いが叶うノートにする。
  『向こうの方に向かって、涼平が投げキッスをする』」
客「きゃー!」
涼「『それは龍一くんがやる』」
龍「(投げキッス)」
客「きゃー!」
慶「向こうの方にもしなきゃ」
龍「(投げキッス)」
慶「あっちも」
龍「『あっちの方は慶太が投げキッスをする』」
客「きゃー!」
慶「やらないよ!僕そんなキャラじゃないでしょ!?」
客「慶太!慶太!慶太!慶太!(延々と続く慶太コール)」
慶「(投げキッスして、王子様みたいに綺麗に会釈)」
客「きゃーーー!!!」
龍「涼平もする」
涼「俺はやらない!」
客「涼平!涼平!涼平!涼平!」
涼「みんなそんな俺が軽くしたら嫌でしょ!?俺をそんな軽く見んじゃねぇ!!!」
言い捨てて奥へ引っ込んでいく涼平さん。
慶「すいません、うちのリーダー変なんです」
大丈夫です、もうさすがにわかってます(笑)

この話関連で。
最後すべて終わってw-inds.がはけていくとき。
龍「『最後の最後で涼平が客席に向かって投げキッスをする』」
涼「(投げキッスしたと思ったら自分で捕まえて食べる)」
最後まで引っ張ったあげく、意地でも涼平さんは素直にしませんでした。

龍「みんなに俺の最新情報教えてあげる」
そんな話から始まった緒方龍一さんの5本指ソックス話(笑)
龍「それで家に上がったら、母親に「100年の恋も冷める」って言われました」
でもそんな話をした次の公演では、
プレゼントボックスにいっぱい5本指ソックスが入ってたらしいですよ(笑)
龍ちゃんいわく、科学の最先端の話だったらしいです。

あとはおなじみの名古屋食話とかでしたかね・・・?
さすがにもうあんまり覚えてないです。すいません。

ブギウギ66を歌う前に、
「みんながそこまで言うならしょうがないから歌ってあげようかな」とか、
w-inds.がとても高飛車な態度で新曲紹介をしてました(笑)
w-inds.の皆さんのそんな上から目線はだいぶ慣れたです。
特にブラック慶太あたりの。

そんな感じであいかわらずw-inds.は「何してるの君達?」感満載で可愛かったです。
不思議な人たちですよね(笑)


さ、ライブ本編の感想。
声がどうとかそういうことは抜きにしても、あたしは去年の方が好きだったかな。
一つ一つの場面ごとでのパフォーマンスは「さすがw-inds.!」と思わされるものでした。
ダンスのレベルも高いし、慶太さんの歌もすごい。
3人が織り成す世界観は、やっぱりすごく好きだなと思いました。

映像を使って、それとステージをリンクさせて世界観を作っていくのは良いと思うんだけど、
去年ほどの統一感は無かったかなっていうのが正直な感想です。
去年はその世界観を守るために、他はすべて排除してたじゃない?
本編ではアルバムに入ってる曲しかやらずに、
みんなで一緒に楽しむ要素は全部アンコールに回してた。
新曲「十六夜の月」の披露だってアンコールだったし。
そこまで徹底的にやったからこそ、あの物語の世界観っていうのは守られたのかなって。
去年は「いつもより楽しくなかった」って声も聞いたけど、
あたしはあれはあれですごく好きなライブでした。
会場全体が、1つのストーリーの中に入りこんでしまったような感じがした。

今年で映像を織り込んでいくのも2回目。もう新鮮さは無い。
ならその分どうやって見せていくか。
3rdライヴまでの、みんなで盛り上がって要所要所でw-inds.が魅せていく。
そのパターンでも全然良いと思う。
あたしとしては、どうせやるならどっちかを突き詰めて欲しい。
今年はその辺りがなんとなく中途半端になってしまっているような気がしました。

あくまで一個人の意見。
逆に一緒に入った友達は今年のライブをすごく気に入ってた。
その友達は名古屋の前に長野公演にも行ってたから、
始まる前から「今年は良いよ!」ってずっと言ってたんだけど。
やっぱり感じ方は人それぞれじゃない?
始まる前にいくらネタバレされてもあたしはかまわないんだけど、
本番中にも「ね?今年良いでしょ!?ね!?」って何回も言われるのはちょっと勘弁。
現にあたしはそこまで気持ちが行ってなかったわけじゃない?
それでも「去年の方が良い」なんて言うわけにいかないから適当に相槌打ってたけど。
あたしってあんまり人と一緒に見るの向かないのかな、なんて思いました。
今まではそんなこと思ったこと無かったのに。
あたしは天邪鬼だから、だから余計にげんなりしてしまったのかな。
そしたらw-inds.に申し訳ない。ごめんなさい。
公演中、空席になってるスタンドの一番後ろの席を見て、
「あぁ、あそこに座って、じっくりこのライヴを見てみたいな」って思いました。

映像になると一斉にステージから目を離すファンの多さにもビックリ。
あれもあってひとつのステージじゃないのかしら。
「w-inds.がいなければ他はどうでもいい」って感じで、それにも疑問。
そして前も書いたけど、ところかまわず名前叫びすぎ。
ジャニコンってまだマナー良いんだなって思いました。
確かにマナー悪いけど、MCとかは割とみんなちゃんと話聞くじゃない?
なんかもう、ファンの態度にびっくりしっぱなしでした。
年齢層が低いからしょうがないのかな。いや、それでもわかるだろ、考えたら。

うーん、なんかもう、w-inds.がっていうよりも周りの環境で気持ちが萎えた部分が大きい。
ほんとに残念。
DVDが出たら、今度こそ3人が作り出す世界をじっくり見ようと思います。

とにもかくにも、w-inds.の3人お疲れ様でした!
いろいろ言いましたけど、やっぱりあたしはあなた達のパフォーマンスが大好きなので、
来年も懲りもせずにどこかには見に行くと思います。
生で聞く慶太さんの歌声には毎年鳥肌が立つ。
そしてダンスもやっぱり迫力が違うよね。
今年は来年へのステップアップに必要なもの。
来年は誰もが満足するようなライブを作り上げてくれることを期待していまーす。

残すは大阪公演のみ!頑張れ!
| + VISION | 20:35 | comments(2) | - | | |

♯ スポンサーサイト

| - | 20:35 | - | - | | |

♯ コメント

こんばんは!
そっかぁー凛ちゃんはアゲハのがよかったかぁー
私は、去年も今年も違った作品として好きです笑
てか名古屋慶太くん調子悪かったんだ?
札幌は1日目は万全、2日目は歌詞間違え以外は大丈夫だったよ

あとファンマナーは私も気に食わない部分ある。
ライブ中腹立ったりしつつ楽しんでた汗
けど比較的小さい会場だから目立ったことはなかったけどね

で私思った。
私がブログで散々誉め散らかしてたから
凛ちゃんは実際ライブ行って『?』て思ったのかな?
だとしたらごめんね。
なんか、散々いいよ!とか書いたりしてさ
反省しました(・▲・;)
暗いコメントでごめんね。
| 絵美 | 2006/09/03 10:31 PM |
はじめまして☆最近ブログを始めたんですけど、千秋もw-inds.大好きです(^-^)
千秋は広島ライブに行ったんですけど、広島でもマナーはちょっと悪かったかな…。1日目はそーでもなかったけど、2日目は「いい加減にしたらぁ?」って感じ。友達とグチってました(笑)

千秋は去年のライブ見てないんですけど、すごい良かったんだろうなぁ♪DVD買おうかなぁって思っちゃいました!!よかったら、千秋のブログにも遊びにきてくださいねo(^-^)o
| 千秋 | 2006/09/04 10:20 AM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


≡CALENDAR ×
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≡SELECTED ENTRIES ×
≡CATEGORIES ×
≡COMMENTS ×
≡RECOMMEND ×
≡ PROFILE ≡
≡Schedule≡
*Concert*
So Wat?
Fan Club Event 2010
@なんばHatch
8/4(水) 19:00

*Play*
アリバイのない天使
@サンケイホールブリーゼ
7/22(木) 19:00
≡tuna.be≡